*一棟貸し宿で密かによき湯三昧が叶う宿*心の駅了庵宿泊記 | 現役アナウンサーの温泉専門家 植竹深雪

*一棟貸し宿で密かによき湯三昧が叶う宿*心の駅了庵宿泊記 | 現役アナウンサーの温泉専門家 植竹深雪

各種メディアご担当者様

お問い合わせ・ご依頼はこちら

特徴で選ぶ

あつ湯 ひとり旅 ブログ 宿泊 山梨県 源泉かけ流し 美人の湯 露天風呂

*一棟貸し宿で密かによき湯三昧が叶う宿*心の駅了庵宿泊記

コロナ禍もあるけど
やはり密を避けつつも旅がしたい気持ち。

2021年からじわじわ増えてきたけど
2022年はあちらこちらでだいぶ”一棟貸し”のお宿が多くなって。

しかもどこも人気。

2022年を振り返りながら

よほどのことがないとリピートは後回しだったり
またはリピより新規の出会いをハンターのように求めがちにも関わらず
今年2回行くほど気に入ってしまい、
ものすごくよかった湯宿が実はありました。

 

甲府市内にある

心の駅了庵

ここはまだ多くの方に知られていないし、本当に穴場。

このままナイショにしておきたいけど、
お宿様も繁盛あってのことだし、

最近雑誌にも掲載されていたのでm

 

あらら。

ナイショにはできないなあと。

😅

 

わたしも年内ギリギリになったけど、

ここは年内中にぜひ!と思い
ブログにまとめようと思います。

心の駅了庵の特徴

♨️1日1組様限定の一棟貸し宿

♨️湯は自家源泉掛け流しで鮮度が抜群によき!

♨️地元の創作郷土料理のセンスも味も感動の連続

♨️内容考えたらCP良すぎなお宿

お宿の様子

甲府の街中にある一棟貸しスタイルの民泊。

1日1組限定だけど
空いていたらひとり泊も可能で。
(*今は基本2人からでひとりは応相談とのこと)

和の佇まいがものすごく素敵!

甲府の駅から送迎もしてくださるので
東京からサクッと甲府まで来たら
よき温泉とおいしいお食事に舌鼓を打って至福のひとときが叶う…

まさに桃源郷。

 

この日も甲府から送迎していただき
到着時間を連絡して駅にお迎えに来ていただきました。

楽ちん。

 

館内図

チェックイン。

宿帳を書き、
館内の説明をしていただきました。

7名以上10人くらいまで大丈夫なのに
1人利用ってなんだか少し恐縮……

(しかも初めての時は土曜日にに一人泊だったし)

おいしい和菓子とお茶をいただきました。

(2回目泊まった時はなかったから初回のみかも)

お部屋の様子

もともとは邸宅だったこちらの湯宿。

今のオーナーさんのご両親様のお住まいだったところ。

温泉も敷地内から湧くし
こだわりづくしの邸宅。

他界されてそのままにしておくのはもったいないからと
お宿を2021年10月からスタートしたのだそう。

和の建築が素敵な造り。

お部屋にはお部屋いっぱいにベッドが2つ並んでいます。

ベッドがふかふか。

寝心地よき。

温泉へ

それでは温泉へ行きましょう〜

温泉は露天風呂だけで
内湯は普通の白湯。

だけどアチチ湯なので
ここを水風呂にして露天と交互浴が暑い時期には気持ちいいな、と。

ガラスの奥に見えるのが露天風呂です。

引きで見ると抹茶色に見えるけど
湯桶に取るとジャスミンティー色した温泉。

モール混じりでシュワシュワ〜

細かなアワアワがものすごく付着する湯で。
湯がめちゃくちゃ新鮮。

湯は敷地内から湧出している自家源泉かけ流し。

ツルツルすべすべの浴感。

これをひとり占めできるなんて、
最の高すぎる!

梅雨入り前はより湯のアチチさに汗がひかなかったけど
秋に行った時は心地よい秋風にあたりながらの湯浴みが
これまたものすごくととのって。

少し肌寒い時期の方が、
より湯の良さを実感できたなあ。

泡付き絶好調。

特に朝の温泉の泡付きがすごすぎて・・・

ここから出たくないって思う程感動モノだったのでした。

梅雨入り前だとツツジがこっそりあって。

ツツジを愛でながら湯浴みできました。

梅雨入り前も秋も、
朝湯の泡付きがものすごーくよかった♡

至福のひととき。

春から初夏頃、梅雨入り前はかわいい作務衣で

秋に再訪時はトレーナー生地の寛ぎ着でした。

温泉情報

●泉質:ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩温泉

●泉温:43.6℃

●pH7.6

●成分総計:1523mg

夕餉

日々進化されているお宿さま。

ふと

「ご当地ならではのクラフトビールがあったらいいですよね〜」

なんてお話したら早速置いて下さったそうで。

行動早っ。

秋に行った時は3種類のクラフトビールがありました。

秋に行った時のお食事。

地物のキノコが美しく並べられています。

2回目だからと
お食事の内容も変えて下さり
地物で郷土料理もあるけど
素材を生かしたお料理の数々。

どれもとてもおいし〜〜〜い!

 

貴重なきのことも出会えて感動しまくりました。

 

器もかなりこだわっていて
さりげなくエルメスだったり
洋食器がものすごく素敵。

 

オーナーのご主人様はもともとホテルに勤務されていた方。

ホテルなおもてなしをして下さって。
とても優雅な気分でお食事できました。

2回目はクラフトビールを頂いたのでメニューは見ていないけど

初めて行った時のメニューはこんな感じでした。

(もう変わっている可能性もかなりあるので参考にならないかもだけど)

初めての宿泊だと
甲府ならではの郷土料理がスタンダードのようです。

 

オシャレな前菜プレートからスタートし
馬刺しに甲府ならではの鳥もつ。

そしてほうとう、甘い豆ごはんといった内容。

 

妹さんが作っているそうですが
本当にセンスが良くて
味もものすごーーーくおいしくて。

普段から食への探究心がものすごいんだろうなと思ったり。

食が太いわたしでもかなり腹パン。

一棟貸し。

 

後片付けなど終えると
お宿の方はすぐ目の前のご自宅に戻るので
お宿は完全に独占状態に。

嬉しいことに
お水やお茶などたっぷり用意してくださっています。

収納スタイルでテレビもあるし
Wi-Fiも全く問題なく、サクサク。

ちなみに持参しているポケットWi-Fiも良好で。

やはり甲府の街中だなあ、と。

朝食

朝ごはんはご主人の奥様が担当です。

時間も応相談で決められるので8時からにしました。

洋食でホテルの朝ごはんのよう。

ハード系のパンと卵料理にサラダとソーセージ。

素材のよさを感じたし
朝もおいしい♡

初めての時も卵料理で比べると

ハムかソーセージか、でした。

チェックアウトは11時。

実はこちらのお宿さま、チャリも貸してくださるので
近くの温泉にお出かけもできてしまうのです。

借りてフカサワと山口温泉に浸かりに行きました。

 

そして

ギリギリまで宿湯も堪能、と温泉尽くし。

 

甲府の自家源泉の湯やモール泉が大好きで。

どこでもよき湯が堪能できるので甲府の温泉って本当に大好き。

 

コロナ以前はよく行っていたし
今年2022年も1月から2ヶ月ごとくらいに
ちょこちょこ山梨入りしていて。

 

山口温泉は拙著ぬる湯本でもご紹介したくらい
本当に大好きで大好きで大好きすぎて。

通る度にスルーできず。

ホテル昭和も含め
近くに投宿時以外でももちろん行っているけど、

こちらにお世話になった時
初めての時も2回目の時も山口温泉にチャリ借りて行ったのでした。

 

チャリを貸してくださるの、とても嬉しい〜!

感想・まとめ

甲府の街中で静かに心のままに過ごす湯旅時間。

シュワシュワで鮮度抜群の湯は尊すぎるし、
お食事も前回も今回も毎度おいしくて。

ものすごく寛げるし
お肌もカラダも喜ぶ湯宿でした。

こんな素敵すぎる空間を独占できるなんて、贅沢の極み‥

しかもとてもリーズナブルすぎでは?と思うくらい
CPよすぎだなあ思ったら
やはり物価の高騰と
実際にお宿をはじめてから気づいた経費などもあったりして
価格を少し前に見直したのだそうで。

少しお値段が上がり
ひとり泊のハードルは上がりつつあるけど
それでもひとり8000円プラス食事の選択(食事で値段が変わる)は
一棟貸しだし
自家源泉をたっぷり湯浴みできるワケで…

内容を考えたらリーズナブルだとわたしは思いました。

 

ひとりだと気づかなかったけど

一棟貸しとはいえ
事務所も中にあるので
日中はお宿にご主人もいらっしゃるから
ご家族とかグループだと
話し声が聞こえてしまうのが心配とも聞いて、

確かにそうかも〜と思うので・・・

滞在中完全にプライベートな独占とはいえ
会話は聞こえそうなので
内緒話しなどはあまりないとはいえ
つい会話にも気を遣ってしまうかもなあ、と。

 

とはいえ

湯はよき
食事は美味、
おもてなしもよくて

今年2回行ってすぐにリピするほどお気に入りの湯宿。

山菜もオススメとお伺いしたので
来年も山菜の時期にまた行きたいなあと思っています。

住所 〒400-0114 山梨県甲斐市万才686-2
tel 080-1033-1317
web
https://cocororyouan.jp
日帰り入浴 可能 2人から 要問い合わせ
1人泊 可能(今は少しハードル上がったかも)
PAGETOP
ページトップヘ