*炭酸泉が最高の”ととのい”温泉*肘折温泉郷黄金温泉カルデラ温泉館 | 現役アナウンサーの温泉専門家 植竹深雪

*炭酸泉が最高の”ととのい”温泉*肘折温泉郷黄金温泉カルデラ温泉館 | 現役アナウンサーの温泉専門家 植竹深雪

各種メディアご担当者様

お問い合わせ・ご依頼はこちら

特徴で選ぶ

ぬる湯 ブログ 二酸化炭素泉 塩化物泉 山形県 日帰り温泉 源泉かけ流し 美人の湯 美肌湯治 露天風呂

*炭酸泉が最高の”ととのい”温泉*肘折温泉郷黄金温泉カルデラ温泉館

山形県新庄駅からバスでも約1時間くらいの秘湯。
車だと舟形ICから約40分。

山形の湯治場”肘折温泉”へ先日宿泊してきまして。
(後日ブログにも更新したい・・・)

宿泊した翌日は早起きして朝活、
肘折温泉名物の朝市でまずはお買い物を。

その後お宿で温泉を楽しだ後、
ゆっくりめにチェックアウトして向かったのは、

お宿から車で約3分。
歩いても20分くらいのところにある黄金温泉カルデラ館へ行きました。

 

ここは拙著「からだがよろこぶ!ぬる湯温泉ナビ」でも掲載させていただいたけど、
ひんやり炭酸泉がとにもかくにも至高。

何度行ってもここは肘折に行くと立ち寄りたくなるところで。

大好き。

内湯のポカポカ温泉とひんやり炭酸泉の温冷交互浴(炭酸泉は部分浴)で、
カラダすっきりが叶う、

今で言う”ととのう”温泉。

この炭酸泉が天然で、サイダーのようだからたまらんのです。

料金は券売機で購入

清々しく雲ひとつない青空。

快晴。露天風呂日和。

 

オープンは9時30分からでオープンと同時に入りました。

入浴料は券売機で購入。

宿泊するとお宿発行の割引券で少しお安く利用できるので
お宿に宿泊後、または連泊中がオススメ。

 

 

露天風呂は男女交互利用

まずは露天風呂へ。

なぜかというと時間で男女が入れ替わるから。

HPでも載っているから時間を確認したら
朝一番が女性が利用できる時間だったので、
真っ先にここへ向かいました。

いったんこのドアから外へ出ます。

そばにある施設のスリッパを使って温泉へ。

ちなみに温泉分析表もドア横に掲示されています。

時間割

基本的に50分交代だけど
朝一番だけは女性利用時間が短いのでご注意を。

何しろ”時間厳守”

(独占できたらいいなあと思って…それも実は狙いでもあった)

露天風呂「竜神の湯」

限られた時間なので
ささっと脱衣して、かけ湯して温泉へ。

夏は脱衣アイテムが少ないのが楽チンでいいなあ。

 

一見すると緑がかった湯に見えるけど無色透明。

手持ちの温泉計では40℃。

ゆっくり湯浴みできるけど・・・

時計を気にしながらの湯浴み。

 

屋根があるから雨はもちろん雪でも大丈夫な造り。
(とはいえ、雪次第で使えない日もあるとのこと)

植えられた木々のグリーンが美しくて。

雰囲気も素敵。

 

やはり朝一番は誰も来ず。
約20分独占で湯を楽しみました。

 

内湯へ

お次は男女別内湯へ。

内湯は10人くらいは同時に入れそうな湯船と
部分浴でつかる炭酸泉のひんやり温泉があります。

クラッシックな雰囲気。

窓もものすごく素敵な造りでうっとりする・・・

こういうの、いいなあ。

金気臭や石膏臭、さらに炭酸が溶けた感じの特有臭などが感じられる湯は、
さまざまな成分が溶けて複雑さを感じたけど、泉質は塩化物泉。

でも炭酸水素塩泉の感じがはっきりするし、感じられる湯。

さらりとした浴感だけど
湯に浸かって程なくすると汗がじんわりにじんでくる・・・

やっぱり塩化物泉。

内湯は源泉が高温なので加水しているけど温泉感はしっかり感じる湯。

 

このポカポカ、じんわり熱くなるのがいいんです。

なぜなら、

 

 

↑これ、これ。

腰掛けて足湯と手湯の部分浴をする浴槽なんですが、
ここが至高の炭酸泉が堪能できるところなんです。

源泉が10℃以下。
かなりキンキンに冷えていて。

しびれるような感じだけどギリギリつかれます(わたしは)
凍る手前の感覚(?)

 

でもやはり炭酸泉。
ひんやりだけど血流促進されている感じがするんですよね。

まるでサイダーのよう。
かなりシュワシュワアワアワ〜

泡付きをみ見ているのも楽しいな、と。

 

日頃自宅近所にあるジムにて
高温サウナと冷えた水風呂で鍛えらているのもだいぶあるかもしれないけど、
おそらく3分くらいは全然問題なく部分浴して。

 

うぅ やはりもう限界、
と思ったところで、あつあつ温泉へ移動。

内湯の浴室の素敵な雰囲気に酔いながらつかっていると
やはり汗ばんでくるので、
そうすると炭酸泉の部分浴へ。

何度か交互浴していると
からだのコリが取れた感じがして、かなりスッキリ。

もうまじで最高。大好き。

高温サウナ好きの方には特に、ここを試してみて欲しいな〜

そして肘折温泉に湧く大地の恵にて交互浴して
”ととのう”を体験してみて欲しいなあと思う温泉です。

飲泉場にて天然炭酸泉を飲む

ひんやり冷鉱泉。

10℃もない源泉は湯上がり後のポカポカした体のクールダウンによき。

 

天然炭酸泉をここで飲泉することができます。

日本の天然炭酸泉には多い鉄分、ミネラルを感じて
飲みやすいわけでなないけど、
酸性泉ならではの酸っぱさが控えめなレモンのようで。

冷えた源泉が身体に沁みる。

飲んでいるとクセになるような、
病みつきになるけど飲み過ぎは注意の冷鉱泉です。

 

 

 

 

温泉炭酸水とカルデラサイダー

天然炭酸泉を使って作られた水とサイダーが販売されています。

サイダーが気になったけど
飲泉で満足してしまったからこの時は飲まず。

・・・次回また肘折に行ったら飲んでみようっと。

 

***

 

飲泉できるくらいの冷鉱泉の量だし
願わくば部分浴ではなく全身で浸かってみたいなあと来るたびに思うくらい
最高のひんやりアワアワ炭酸泉。

やはり肘折に来るとここへはスルーできず。

つい立ち寄りたくなるくらい大好きな温泉なんですよね。

 

今回も最高の湯浴み時間となりました。

 

温泉情報

【炭酸泉源泉】

●泉質:単純冷鉱泉(二酸化炭素型)

●泉温:9.4℃

●pH 4.4

●成分総計:971.3mg/kg

黄金温泉組合7号源泉】

●泉質:ナトリウム-塩化物温泉

●泉温:54.0℃

●pH : 6.0

●成分総計:2849mg/kg

 

住所 山形県最上郡大蔵村南山2127-79
tel 0233-76-2622
web
http://www.hijiorionsen.jp/karuderakan/
日帰り時間 4月~10月 9時30分〜17時30分(17時受付終了)
11月〜3月 10時〜16時30分(16時受付終了)
料金 大人500円
村民割、肘折温泉宿泊割(旅館発行の割引券利用で)あり
PAGETOP
ページトップヘ